WEBマスター(WEB管理者)に必要なこと

EC運営において一番重要なポジションはWebマスター(Web管理者)になります。

Webマスターの定義づけは、ここでは一般的に言われている「全体のWebサイトの運用・管理を行う人」です。Webマスターとは、企業におけるWebサイトの運営責任を担っている人、企業活動においてWebサイトを活用して収益を上げる責任を負っている人のことを指す。

①時代の流れを敏感に察知し、方向性を読む。

②やるべきことを具体的に、Webサイトに適応させる。

③限られた時間の中で継続し、Webチーム、自己管理することが必要。

④全体を把握しつつ、全体の仕事を資料を添えて指示をする。

⑤同業、ライバル店の動向を常に把握する。

主な業務内容
・サイト改善の企画提案から実行まで
・解析ツールにてサイト全体の分析、及び実施施策の効果分析
・社内デザイナー、エンジニアへのディレクション、営業との調整
・SEO、SEMその他WEBサイトプロモーション全般の戦略、計画、実行
・外部パートナー企業との折衝
・その他デバイス対応、リニューアルやサブサイト立ち上げ等


Webマスターに必要な能力とは?

①コミュニケーション力

Webサイトオーナーや社内関連部署、外注スタッフなどと意思疎通を図る能力

社員や代理店とのやり取りを迅速かつ丁寧な対応ができる

②企画提案する力

現状を分析し、Webマーケットの動向を把握。そして、その分析結果を具体的なコンテンツや、システムにまとめ上げる能力

これまでの経験を生かした柔軟な発想力が求められる。数値で過去を見ながら攻めどころを押さえ、柔軟な発想によって新しいことをつくる。

③マネジメント力

自己管理も含め、社内外のスタッフを統合する能力

チームをまとめてひとつの方向へ導くのがWebマスターの仕事。マネジメントができなければ、Webマスターへの道は難しいです。逆にWebのスキルがなくてもマネジメントスキルがあれば成り立つ。しかしある程度の人数のスタッフがいる場合に限る。

④批判力

判断を恐れず、おかしいことはおかしいと言い切れる自己主張の強さ

「こうしたい」と感情で動くのではなく、数値を見て忠実に行動できる能力が必要

⑤好奇心、向上心

Webの仕事において、好奇心や向上心がないとやっていけない。新しいサービスや技術の宝庫であるインターネットの世界で、情報を集めて利益をつくっていかなければならないWebマスターに好奇心や向上心がないという状況は、そのWebサイトの未来がないということと同じである。


Webマスターに必要な知識とは?

①システムに関する知識

商品、顧客データベース、メールマガジンの配信、バックオフィスの効率化などについても、ある程度の知識は必要です。

②デザインに関する知識

デザインは、日々進化しています。さらに、FTTH、ADSLなどの高速回線が主流の時代へ。一度に大量の情報を送ることが可能となり、ページデザインも大きく変わりました。Webマスターは、それらの流れを読み、デザイナーに指示する必要があります。

③マーケティングに関する知識

Webマーケットは、急速に拡大進化しています。それに伴い、「集客」のためのプロモーションも変化。メールマガジンの他、SEO対策、ブログ、アフィリエイトと新しいツールが出現しています。情報を集め、目的に応じて最適なものを選びましょう。

④コンテンツに関する知識

商品に関する情報はもちろん、メールマガジン、特定商取引法、個人情報保護法、著作権の保護など、幅広い知識が必要です。

商売に関する知識見込客の獲得から、受注、売上、請求、入金、回収まで、一連の商取引に関する知識も欠かせません。併せて、販促として行うイベントやキャンペーン企画についても、知っておく必要があります。

⑤消費者心理

お客様が「なぜこの店で買うのか?」といった消費者心理の理解が不可欠。特に、Webマーケットでも重要視されている女性客の購買心理についても、積極的に研究しましょう。