ECビジネス 組織運営のありたい姿 

ECビジネス 組織運営のありたい姿 

 

一番重要なのはEC事業の責任者になります。

インターネットショッピングの組織運営のありたい姿は下記になります。

画像加工やお客様対応はアルバイトでも可ですが、Webサイトを作る人材はそれなりの経験と能力が必要です。

 

ECビジネス 組織運営のありたい姿
資料:ECビジネス 組織運営のありたい姿

 

各種業務の適切な人材像

■Webディレクター

独学ではなく、基礎から業務を勉強・実践している人材がよい。

Webサイト制作の現場監督。顧客のニーズに対応した企画の立案をはじめ、予算やスケジュールの管理、制作、テスト、運用、更新行う。営業担当やコーディング担当など、多くの人を巻き込んで行う仕事のため、スケジュール管理、各フェーズごとの担当者のマネジメントも大切な仕事になる。Web制作における現場監督の意味合いが強い仕事である。

➡求められるスキル

顧客のニーズを聞き出すためのヒアリング能力、交渉力が求められる。また、常に新しい情報を収集する力や、クリエイティブな発想力も役立つスキル。また、チームをまとめるリーダーシップも必須。



■Webデザイナー

商品の画像加工は決まった作業パターンなので、アルバイトで可能も可能

商品のことを良くわかっている人が画像加工を行う方が良い。センスの問題があるので、誰でもいいというわけではない。

➡求められるスキル

Illustrator、Photoshop、HTML、CSS、グラフィックデザインの基礎能力(配色、タイポグラフィー、レイアウト)

Flash(バナーが作れる程度)



■商品企画・マーケティング

商品の開発・販売戦略に関わる業務。消費者のニーズを捉え、新商品を生み出すのが商品企画の仕事であり、販促やマーケティングはそれら商品と消費者の接点を作り、商品が売れる仕組みを構築する。双方とも情報を収集し、グラフや数値などのデータを駆使しながら将来のトレンドを予測し、企画や戦略を作り上げていく。また社内外の人と連携することも非常に多くとる。

➡求められるスキル

さまざまな人と関わりながら動くため、コミュニケーション力・調整力が必要。また、新しい企画や視点を見つける発想力や、情報を処理する力も求められる。世の中の変化に敏感で、好奇心旺盛な人に向いている仕事といえる。



■カスタマーサービス

お客様からの注文やお問い合わせを電話やメールに対応する仕事。問い合わせや苦情への対応が中心だが、電話受付や販売促進(販促)なども行う場合がある。仕事内容はユーザーから電話を受ける『インバウンド』と企業側から販促や督促の電話をかける『アウトバウンド』に分類される。どちらの場合も、カスタマーサポートやオペレータは企業の窓口であり顔。企業や商品の評価にも直結する重要な仕事です。

➡求められるスキル

商品知識はもちろん、電話マナーやクレーム対応の能力が重要なスキルです。『インバウンド』なら聞き上手で気が長いマイペース型の人、『アウトバウンド』は数をこなすことを求められることが多いため打たれ強く、数字達成意欲の高い方が向いているとされる。テレアポやコールセンター経験者が一番良い。



■物流

インターネットショップにて最後の仕事。ご注文頂いた商品を仕入れてからお客様へお届けする。お客様からご注文いただいた商品を迅速かつ正確にお届けする事ができなければ売上として変換する事ができません。この重要な任務を確実に実行できるように維持し、目まぐるしく変化する状況に応じて改善できるよう、戦略的に物流をしなければならない。

ある程度の配送個数であれば外注を使う。

忙しくなる日を把握し、アルバイト人数を調整できる環境を整えること

➡求められるスキル

梱包、検品・検査、ドライバー補助などの業務では、資格や経験を問わないケースがほとんど。運搬や仕分け、ドライバー業務においては、各種自動車運転免許、フォークリフト免許、危険物取扱者資格が必要となります。また、管理・事務系業務では、物流システムに関する知識や端末操作の経験、安全衛生管理者(第一種、第二種)などの資格が歓迎されます。