B2B⇒B2C

B2B⇒B2C (一般消費者向けへの転換について)

近年、B2Bを行っている卸業者が、インターネットを利用したB2Cに参入するケースが増加しています。

B2B参入の理由には、卸業の業績が悪化している一方で、インターネットを利用したB2C市場、例えば、楽天市場、 オンライン通販Amazonなどの売り上げが好調であることが挙げられます。

しかしながら、B2Cに参入しても売上が伸び悩んでいる企業が多い事も事実です。

この理由は、企業がB2Bと同じ感覚で、B2Bの仕事のやり方で、お客様に接してしまう為です。
つまり、B2Cの仕事のやり方を理解せずに仕事を進めてしまう事が大きな要因となっています。

お客様に対して、商品やサービス等を販売するという行為は、B2CもB2Bと同じですが、その「やり方・方法」が異なります。
しかも、B2Cの「やり方・方法」は、実践で経験を積むことでしか身につけることができません。

例:B2BとB2Cの商品の発送形態の違い
B2B:契約を取り交わしたり、何度も取引をしていて、お互いの仕事のやり方を理解している企業から企業へ商品をロット単位で販売/発送
B2C:ネットで上の繋がりだけで、お互いを知らない状態で、企業から一般消費者へ商品を1個単位で販売/発送

B2BとB2Cで大きく異なるのが商品の発送形態です。
B2Cの発送形態のノウハウを身につけるには、たくさんの時間と経験が必要です。

よくあるトラブル例

・卸業者がB2Cを始めたが、商品発送の環境が整っておらず、お客様から苦情が発生した。
・社内のEC部門と卸部門の連携が取れていない為、発送が遅れる。品切れの商品を販売してしまう。

B2Cでは、多様なニーズを持つお客様に合わせて、販売対応を行う必要があります。
また、B2Cを開始する場合は、一般消費者のお客様に対する注意だけではなく、既存のB2Bの企業のお客様に対しても気をつけなければいけないポイントがあります。

弊社、S&Tパートナーズは、B2BからB2Cへ参入される企業様のコンサルティングの豊富な経験とノウハウがあります。
B2C参入を検討されている業様、B2Cに参入してお悩みを抱えている企業様等は、お気軽に弊社までお問合せください。

B2B、B2C、C2Cとは

インターネットで商品を販売する ~ECビジネスとは
インターネットを介したECビジネスは、以下三種類に分類できる
B2B(Business to Business)、B2C(Business to Consumer)、C2C(Consumer to Consumer)
B2B、B2C、C2C共に販売形態は異なるが、基本的な売り方は同じ
インターネットで商品を販売する ECビジネスとは

卸業からB2Cへ参入予定の企業様、B2Cの売上を改善したい企業様

弊社は、B2BからB2Cに参入する際の豊富なノウハウ、経験がございます。
B2Cへの新規参入、運用中のB2Cの業務改善方法を検討されたい企業様は、お気軽に弊社までご連絡お願いします

会社概要

社名 エスアンドティーパートナーズ株式会社 (S&T partners corp.)
設立 2006年3月3日
代表取締役 松本 順士
E-mail support@stps.co.jp
住所 〒530-0001  大阪府大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビル13階
TEL:06-6345-9888 / FAX:06-6147-5399