セミナー

2012.08.02 (Thu) Post by S&T partners


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2012年2月8日開催】第8回『せんば適塾』のトークセッション

2月8日(水)に第8回「せんば適塾」トークセッションを開催しました。
参加者は92名、お忙しい中、ご参加頂きありがとうございました。

本公演では、S&Tパートナーズ 松本順士が、GRL(グレイル)が少人数で、短期間に売上を激増(30億円)することが出来た理由として、以下の3点を中心に解説させて頂きました。

  • 1.お客様の気持ちに立ったお店作り
  • 2.キレイで効率的なお店運営
  • 3.人材育成

この3点を切り口とし、「売れる」ECサイトと「売れない」ECサイトの比較を行い、「売れていない」理由と、ECサイトの改善方法を実例を多く用いて解説させて頂きました。

お客様の気持ちに立ったお店作り

売れているECサイトは、「商品を売る」為に、お客様が商品を購入しやすいECサイトであることに徹底的にこだわり、常に改善をしています。

( 例えば、楽天市場に出店しているECサイトで、そのECサイトが、売れているECサイトか、売れていないECサイトかを判断するには、商品検索結果ページと、モバイルサイトのページを見れば一目瞭然です。 )0

インターネットの世界では、安いだけでは商品は売れないのです。
その一方で、お客様が商品を購入しやすいECサイトを構築すると、どのような商品でも、「ウレル化」することが可能です。

<商品検索結果>

売れているECサイトは、タイトルコピーを見れば、商品を購入したくなるキャッチコピーが必ずあります。
また、商品画像には、商品の値段とその商品のカラーバリエーションが記載されています。

一方、改善余地のあるお店では、お客様の心を掴むキャッチコピーがタイトルコピー内に無いだけでは無く、
タイトルコピーが「商品と関係のない文言+店名+商品名+謎の文字」などとなっている事が多く見受けられます。

モバイルサイトも同様で、お客様がECサイトで商品を購入しやすい、購入したくなるかどうかを考え込まれていないお店が多くあります。

このように、売れているECサイトは、お客様が商品を購入する心理や経路を研究して、理解しています。
例えば、GRL(グレイル)はモバイルサイトに特に力を注いでいます。
その理由は、 GRL(グレイル)のターゲットユーザーは、パソコンで買い物をするよりも、携帯電話で買い物をする事が断然多いを理解しているからです。

他にも、お客様が商品を購入しやすくする工夫はいろいろありますが、実店舗を例に考えるとわかりやすくなります。

  • 買いたい商品を見つけられない(商品が分別されていない)
  • 見つけるために店員を呼びたいが店員がいない(サイト内検索が無い)
  • 商品の特徴・良さがわからない(商品説明が不十分)
  • 商品を購入したくてもレジが見つからない(商品カートの場所が分かりにくい)
  • お金を払おうと思ってもクレジットカードが使えない(支払い方法の種類が少ない)

実店舗では当たり前の事として対応されていることが、ネットショップでは未対応となっている場合があります。
その理由として、以下の2つが挙げられます。

  • やり方(対応方法)が分からないからできない
  • ECサイトを深く考えていない

S&Tパートナーズでは、実践で得られた「ウレル化」ノウハウを基に、お客様の立場に立った「見せ方」と「売り方」を提案することができます。売上向上をご検討されている、お客様は是非ご相談下さい。

2.キレイで効率的なお店運営

キレイな運営とは、ムダの無い効率的な運営を行うことです。

例えば、在庫・商品・受注管理。
多くのECサイト運営企業は、アナログ対応で担当者が手動で対応しています。

その一方、売上の多いECサイト運営企業は、これらの作業をシステム化して、半自動化しています。

システムの導入は、導入費用が高いと思われがちですが、今回紹介させて頂いたシステム、「ネクストエンジン」は、基本使用料が月額1万円と大変安価で、非常にコストパフォーマンスが高いシステムです。

是非、この機会に、ECサイト運営のシステム導入をご検討下さい。

※類似のシステムが複数ございますが、精度が低く業務に向かないシステムもございますのでご注意下さい。

3.人材育成

ECサイト運営、ネット販売に初めて参入するお客様の大半は、ECサイト運営、ネット販売が簡単にできると勘違いしています。しかし、現実は厳しく、体制を整えて、真剣にECサイト運営に取り組まない限り、思うようには利益を出せません。

売上が伸びない、もしくは、全く無いECサイトで、ありがちな事例が、ECサイトの構築、運営を会社内のパソコンに少し詳しいスタッフに任せることです。

「ECサイト、商品ページを制作することができる」事と、「商品が売れるECサイト、商品ページを制作することができる」事は全く次元が異なります。

「商品が売れるECサイト、商品ページを制作することができる」適切な人材を配置するべきですが、適切な人材を配置できていない会社も多く見受けられます。

売れているECサイトを運営している企業は、各スタッフの業務内容・責任が明確で、それぞれのスタッフが責任感を持って毎日の業務を確実に行っています。
各業務の責任者が、高いレベルの責任感をを持って仕事をするためには、責任者はアルバイトでは無く、正社員であることも重要です。企業は、今後、長期的に付き合うことになるECサイト運営、ネット販売の重要性を理解する必要があります。

S&Tパートナーズでは、明日からでも導入できる社員教育ツールとして、「朝一ミーティング」と「改善ボード」の導入を進めています。
スタッフ全員が、会社の目標と現状を理解し、行動するための手段として、是非、導入のご検討をお願いします。

S&Tパートナーズ株式会社のご紹介

S&Tパートナーズは、アパレルだけでは無く、食品やサービスという商品を、インターネットを利用して販売するためのECコンサルティングを実施しています。
ご相談は無料で受け賜わっておりますので、弊社までご連絡お願いします。

S&Tパートナーズ株式会社は、無料WEB診断を実施中です。
ネット販売サイトの売上を改善したい方、また、ネット販売を開始したい方は、是非、この機会に無料WEB診断をお申込しみ下さい。

せんば適塾とは

せんば適塾の目指すものは「明日のライフスタイルを結集力で発信する、大阪の新・繊維産業の復興」です。
大阪は、実はわが国有数の繊維・ファッション産業の生産基地なのです。繊維素材、製品ともに、現在も国内トップクラスのシェアを誇ります。

しかしながら、従来のやり方では先細りをしてしまうことは明白です。 そこで、せんば適塾は、日本の、世界のファッションを支えている大阪の底力を結集し、新しい形のSPAを生み出すプラットフォームとして、平成22年10月5日、「大阪の繊維ファッションの日」に開設されました。

繊維・ファッション産業が抱える課題は、業種に関係なく共通しているものです。
せんば適塾は、あきないとものづくりがカベをやぶって一堂に会し、語り合う場です。慣習にとらわれず、変革の波を起こしましょう。そうして、大阪から、日本の繊維・ファッション産業を新生させることが、せんば適塾の目指すところです。

せんば適塾ホームページ
http://senbatj.com/

会社概要

社名 エスアンドティーパートナーズ株式会社 (S&T partners corp.)
設立 2006年3月3日
代表取締役 松本 順士
E-mail support@stps.co.jp
住所 〒530-0001  大阪府大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビル13階
TEL:06-6345-9888 / FAX:06-6147-5399